1. TOP
  2. >
  3. サポート
  4. >
  5. よくあるご質問

よくあるご質問

お問い合わせの中で、よく頂いているご質問をまとめて掲載しております。

一般的なご質問

開ける

ARMO とはどのようなソフトウェアですか?

「筋力推定計算技術」と「CGアニメーション技術」を融合させた今までにない動作解析ソフトウェアです。 <筋力推定計算技術>では、モーションキャプチャデータと床反力データを基に、筋骨格系モデルを用いて、筋張力、筋パワー、関節間力等を求めることができるほか、バイオメカニクス解析で用いられるキネマティクス(運動学的)&キネティクス(運動力学的)の計算結果も求めることが可能です。 <CGアニメーション技術>では、従来、可視化が困難であった動作中の筋活動状況を、筋力推定計算結果を基に3次元CGアニメーションで表示します。筋がどの時点で、どのくらい力を発揮しているかを直観的に捉えることが可能です。

開ける

今までの動作分析ソフトウェアとの違いは何ですか?

現在、国内で利用されている多くの動作分析装置&ソフトウェアは、身体を関節で分割し、各セグメントを剛体でモデル化した「剛体リンクモデル」を用いています。運動を引き起こす力学的要因として関節にトルク発生源があるとの考え方で、計算をしています。 一方 ARMO でも剛体リンクモデルを用いてトルクを計算しますが、「運動を引き起こすものは筋の発揮張力」との考えから、より人間に近い「筋骨格系モデル」をあわせて用いることで、筋力を推定計算しています。

開ける

どのようなデータが必要ですか?

「モーションキャプチャデータ」&「床反力データ」が必要です。 ARMO に入力できるファイルフォーマットは「ARMO-DA(DataAnalysis)形式」で、モーションキャプチャデータと床反力データの両方を保存できます。計測データが、C3D(Vicon等)、3d(Frame-DIAS等)、ASCII 形式の場合は、ARMO 標準コンバータを用いて DA 形式に変換できます。 ※「ARMO-DA(DataAnalysis)形式」は、臨床歩行分析研究会が提唱する統一フォーマット DIFF を独自に拡張したもので、DIFF 形式のファイルをそのまま読み込むことも可能です。 ※モーションキャプチャメーカで DIFF 形式出力に対応している場合があります。ご使用のモーションキャプチャシステムが対応しているかにつきましては、弊社または、各メーカにお問い合わせください。

開ける

計測システム一式として購入できますか?

現在のお客さまの環境・用途目的・ご予算にあわせ、モーションキャプチャシステム・床反力計・筋電計・その他撮影機材、PC等、計測装置全般を含めた、トータルシステムの提案・手配をいたします。

開ける

ARMO を使って教材や出版物に活用したいのですが可能ですか?

一般書、専門書から CD・DVD 出版まで、企画から販売までトータルにサポートいたします。お客様の目的・ご予算・日数などから、専門スタッフが最適なソリューションをご提案します。

開ける

特別な機能や、カスタムには対応してもらえますか?

対応可能です。目的・ご予算・日数などを打ち合わせの上、お見積及び仕様を作成いたします。

ページTOPへ

お問い合わせの多いご質問

開ける

各セグメント座標の原点位置は、どのように決められていますか?

(下肢モデルにおける)各座標原点位置は、各計測ポイントをベースに求めています。骨盤座標系(左右股関節点より独自係数を用いて算出)、大腿座標系(股関節点)、下腿座標系(膝点)、足部座標系(踝点)と定めています。

開ける

グローバル座標(空間座標)系はどのように決められていますか?

モーションキャプチャの座標原点・座標系を用いています。計測対象等に依存しますが、一般的には被験者の前後方向を「Y」、左右方向を「X」、上下方向を「Z」と定めているケースが多いようです。座標系を変更したい場合においては、ARMO 標準コンバータなどを用いて任意座標系への変換が可能です。

開ける

関節トルクの算出方法について教えてください

身体部分を一定時間にある距離動かすのに必要な力を基に、各関節のトルクが求められます。 ①位置データ(関節位置の時系列)から関節角度・関節角速度・関節角加速度等を計算  ②外部応力データを保持 ③各セグメントの慣性モーメントを準備し、ニュートン・オイラー法で関節トルクを計算 外向き計算:ルートとなる腰部から末端セグメントへ向けて、各セグメントの重心加速度と角速度・角加速度を計算します。 内向き計算:末端セグメントから腰部へ向けて、運動方程式を適用し各関節トルクを計算します。

開ける

筋肉のモデルは何を用いていますか?

A.V.Hill の筋肉モデル(1938)に基づいています。このモデルは「収縮部・並列弾性部・腱部」からなる筋肉のモデルで、力と速度関係が、式によって表されることを示しています。Hill はカエルの骨格筋を用いた実験から両者の関係を導き出しましたが、その後、Wilkie(1950)、金子(1970)ら により、この式は人間の骨格筋についても成り立つことが示されています。

開ける

筋肉の数はどのくらいあるのですか?

下肢モデルでは合計 88 です。筋力推定計算では 88 筋のすべての値が求められています。一部の非常に細い筋や、短い筋については、3次元CGアニメーションでは表示から除いています。詳細につきましては別途お問い合わせください。

開ける

太った人、痩せた人、スポーツ選手の筋力の違いも筋力推定計算でわかりますか?

モーションキャプチャデータ・床反力データから違いが求まります。動きや床反力にかかる力は個々人で違いますので、筋力推定計算値には違いが出ます。

ページTOPへ

お問い合わせの多いご質問

開ける

利用できるモーションキャプチャシステムに指定はありますか?

特に指定はありません。出力ファイル形式として、DA 形式、C3D 形式、4d 形式、Ascii 形式などであれば、ARMO 標準コンバータを介して解析することが可能です。筋力推定計算を行う場合には、床反力計のデータも合わせて必要になります。

開ける

マーカは何点必要ですか?

下肢の計測では最少 10 Point から計測が可能です。また、より詳細な 17pt のマーカセットにも対応しています。10pt での基本のマーカセットは、「肩峰(左右)、大転子(左右)、膝関節(左右)、外踝(左右)、第5中足骨(左右)」です。 10pt のマーカセットは関節中心をマーカ位置からのオフセットで指定する場合や、デジタイズソフトを使用して関節中心位置を直接入力した場合のマーカセットです。 17pt の詳細マーカセットでは、特徴点に張られたマーカからモデルの各セグメント座標を求め、相当する関節中心位置をモデルと対応させて自動的に求めます。

開ける

ARMO で表示する場合にはどこを計測したらよいですか?

特に制限はありません。表示できる代表的なものとして、前脛骨筋、腓腹筋外側頭、腓腹筋内側頭、大内転筋、薄筋、大腿二等筋長頭、半腱様筋、外側広筋、大腿直筋、内側広筋、縫工筋、腸要筋、恥骨筋、大臀筋、中臀筋、などがあります。その他の部位についても ARMO が表示できる筋肉であれば、追加していくことが可能です。

開ける

利用できる床反力計に指定はありますか?

特に指定はありません。モーションキャプチャデータと一緒に「*.DA 形式(DIFF 形式)」ファイルに収められていれば、特にメーカには依存しません。ただし、ARMO データコンバータを用いて変換する場合は、キスラー社製(KISTLER)または、キスラー社床反力計の出力に準拠する床反力計に限定しています。その他のメーカへの対応については別途お問合せ下さい。

ページTOPへ

お問い合わせの多いご質問

開ける

どんなPCを準備したらよいですか?

市販されているデスクトップPC、ノートPCのいずれかがあれば、ご利用いただけます。より快適にご利用いただくために、Pentium4 または Athlon(1.6 GHz 以上)と同等クラス以上のPCを推奨いたします。また、PC 搭載のグラフィックチップの性能および搭載ビデオメモリも大きく影響するため Geforce4 または RADEON9600pro(64 MB以上)を推奨しています。ユーザ登録のためインターネットへの接続環境が必要です。※すべてのPCにおいての動作保証はいたしかねますので、ご了承下さい。

開ける

表示モデルにはどのような種類がありますか?

ベーシックユニットには4種類の表示モデルが用意されています。 ①マーカスティック表示 ②ジョイントスティック表示 ③骨格モデル表示 ④筋骨格モデル表示 ⑤ヒューマン(スキン)モデル表示 ※④の項目についてはMuscle Modelが必要になります。

開ける

動画や静止画で出力できますか?

できます。動画として出力する場合は、VRML 形式及び AVI 形式となります。 静止画として出力する場合は、一こまの静止画と多重露光静止画(残像)で出力できます。ファイル形式は Windows Bitmap 形式となります。

開ける

グラフ項目にはどのようなものがありますか?

バイオメカ二クス研究で必要な項目を準備しています。 ①関節位置・速度・加速度、関節角度・角速度・角加速度ほか ②身体&セグメント重心位置・速度・加速度・運動量・角運動量・並進回転運動エネルギーほか ③筋張力・筋パワー・筋エネルギー消費率・筋長・筋収縮速度、関節トルク・関節パワー・関節間力ほか ※③の項目については Muscle Calc が必要になります。

開ける

Muscle Editor(マッスル エディタ)では何ができますか?

筋骨格モデルの筋付着位置パラメータを編集することが可能です。筋付着位置(起始点、停止点、経由点)を編集用筋骨格モデル上で追加、削除して直接編集できるほか、座標位置の数値を指定して変更することもできます。

ページTOPへ

  • サポートメニュー

    • よくあるご質問
    • ダウンロード
    • ユーザー登録
    • お問い合わせ
  • ご不明な点はコチラ

    メールのお問い合わせ
    お問い合わせフォーム
    電話でのお問い合わせ
    03-3835-8601
    FAXでのお問い合わせ
    03-3835-8602
  • ジースポートの開発・研究実績